この成分って大丈夫!?敏感肌さんが避けたい成分とは?

敏感肌の化粧品選びで避けたい成分

敏感肌の化粧品選びで避けたい成分

敏感肌だと新しく買った化粧品がお肌に合わず、開封してすぐに捨ててしまうこともしばしば…。「ちゃんと成分を確認しておけばよかった」なんて後悔することが、わたしにもありました。

しかし成分選びが大切だとは言っても、敏感肌に何が合わないのかを知っておかなければ防ぎようがありませんよね。そこでここからは、肌荒れを改善するための「敏感肌の化粧品選びで避けたい成分」についてお話していきます。

敏感肌の方が注意したい成分

防腐剤

化粧品に配合されているヒアルロン酸やセラミドなどの成分は微生物が繁殖しやすく、化粧品が腐るのを防ぐために「防腐剤」を使用します。いくつかの防腐剤がある中で、よく化粧品に使われているのがパラベンです。 パラベンはアレルギーを引き起こす可能性のある「旧表示指定成分」。「ブチルパラベン」は最も殺菌力が高く、お肌への刺激が強いのが特徴です。

合成界面活性剤

合成界面活性剤は洗浄力を高めたり、成分同士を混ぜやすくしたりするために配合される成分です。 とくに刺激の強い「ラウリル硫酸Na」は皮膚に残りやすく脱脂力も高いため、バリア機能の低下に繋がります。

ハイドロキノン

機能性成分である「ハイドロキノン」は、ニキビ跡やシミのケアに使用される、美白効果のある成分です。 刺激が強いため、とくに敏感肌の方は炎症を起こしやすい傾向に。また肌の一部だけが白くなる「白斑」を起こす可能性があるため、使用には注意が必要です。

レチノール

機能性成分の「レチノール」はビタミンAの一種で、シミやシワ、ニキビ跡対策の化粧品に配合されていることが多い成分です。 ピーリング効果によりターンオーバーを促進させる一方で、赤く炎症を起こしたり、かゆみや皮剥けが発生したりすることも。敏感肌の方はこの症状が強く出る可能性があります。

エタノール

化粧水の水分として多く入っている水溶性成分の「エタノール」。殺菌や消毒、肌の引き締め作用のあるアルコール成分です。 お肌への刺激が強く、揮発性作用によって化粧水とお肌の水分が蒸発。お肌の乾燥やニキビなどの炎症を悪化させ、さらには肌荒れを引き起こしやすくなります。

合成着色料

着色するために使用されるのが「合成着色料」で、成分表示に「○色○号」と表記されているものを「タール系色素」と呼ばれます。 全83種類にものぼりますが、中でも「赤色202号」「赤色219号」はとくに注意が必要。発がん性や皮膚炎、かぶれ、色素沈着を引き起こす可能性があります。

香料

化粧品の効果からすると香りは本来必要ないもの=肌にとって不要な物と言えます。不要なだけならまだしも光に反応して刺激物となる香料もあり、肌トラブルの原因につながる可能性もあります。良い香りは手持ちの香水やコロンで楽しむ事にして、化粧品自体には香料が含まれていない物を選ぶと良いかもしれません。

油脂

化粧品は水分をキープさせる目的で様々な油脂が使われている事があります。動物油・植物油・ろうなどが油脂とよばれる物ですが、この油脂は大人にきびや吹き出物の原因になってしまうと言われています。ですが、適度な油分はお肌に必要不可欠なのでオリーブオイルやホホバオイルに代表される上質な植物油が配合されている物がおすすめです。

敏感肌が気にすべきは「角質層」!

敏感肌の方は「皮膚のバリア機能」が低下しているため、肌内部の水分が蒸発し、外部からの刺激を跳ね返すことができません。健康なお肌の人でも、バリア機能の低下により敏感肌になる可能性があることを知っていますか?

この「バリア機能」を高めるのも低下させるのも、わずか0.02mmの「角質層」のケアにかかっています!まずは、この「角質層」の構造について理解しておきましょう。

敏感肌が気にすべきは「角質層」!

皮膚は真皮と表皮でできていますが、お肌の表面側にあるのが表皮。この表皮は4つの層からなっており、最も肌表面に近いのが「角質層」なのです。健康な「角質層」の内部は角質細胞がレンガのように積み重なり、その間を埋めるように細胞間脂質(セラミド)が満ちています。

先ほど敏感肌とバリア機能が深く関係しているとお話しましたが、そのバリア機能を保っているのが角質層にある「細胞間脂質」です。細胞間脂質は50%がセラミド、30%がコレステロール、20%が脂肪酸でできています。セラミドを含む脂質と水分でいくつもの層を作る「ラメラ構造」によって肌内部に水分を蓄え、皮脂膜が表面を覆うことで蒸発を防ぐ仕組みです。

しかし、ターンオーバーが正常に行われない状態が続くと、お肌を守ってくれる「角質層」がきちんと作り出されません。ターンオーバーの周期は正常な場合、角質細胞となるまでに14日、角質細胞が剥がれ落ちるまでに14日の、合計28日。敏感肌はターンオーバーの乱れにより、周期が通常よりも早くなることがあります。その結果古い角質層が剥がれきれず、お肌の表面は硬く・厚くなり、ごわつきや皮剥けが引き起こされるのです。

敏感肌が気にすべきは「角質層」!

正常であれば約30%の水分を持つ角質層ですが、ボロボロになった角質層は水分を逃がしやすく、隙間ができてしまいます。これが「バリア機能の低下」です。バリア機能が低下したお肌はさらに刺激を受け、皮膚はさらに敏感に…。ひどい場合はアレルギーを引き起こす可能性もあります。

バリア機能を高め、敏感肌を改善させるには「保湿」が大切。化粧水を塗ったあとは水分を蒸発させないためにも、乳液とクリームでフタをしてあげましょう。熱いお湯ですすいだり、ベタつくからと何度も洗顔をしたりするのは、自らお肌に刺激を与える行為です。成分を確かめながら化粧品を選び、お肌に合った化粧品とスキンケア方法で「角質層」を守るようにケアしてくださいね。

その他にも、食生活の改善やストレスの緩和、適度な運動、じゅうぶんな睡眠など、生活の中で取り組めることはたくさんあります。お風呂では湯船に浸かるようにしたり、アルコールやタバコを控えたりと、日ごろの生活を見直すことが敏感肌改善への第一歩となるでしょう。

おすすめしたいのはディセンシアの「アヤナス」

敏感肌にはアヤナスがおすすめ!

化粧品は”天然”や”自然”などお肌に良く健康的なイメージを持つ事が多いです。もちろんまじめに天然や自然の成分を使って化粧品を作っているメーカーもありますが、実際のところ何が含まれているか分かっていないメーカーもあるのが事実です。そこで私がおすすめしたい化粧品は「アヤナス」です。

アヤナスは、あのポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「ディセンシア」のエイジングケアラインです。ポーラ研究所の80年以上の肌研究で生み出された「ヴァイタサイクルヴェールR」という、敏感肌のための特許技術が使用されているフェイスクリームは至極の一品。

会社自体、化粧品ブランドとして超大手ですし、保湿力・バリア力が特許で認められているほどの化粧品なので、安心して使用することが出来ます。

アヤナスのトリプルペアシステムとは

1、角層のバリア機能をアップ

表皮の微弱炎症をストップ

荒れた角層の隙間から外部刺激が侵入し、その隙間から肌が本来持っている潤いが逃げてしまいます。そうなると肌が乾燥を感じ小じわや敏感肌を作り上げます。

この敏感肌を作らせる角層をディセンシアオリジナルの特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」で角層をつつみ、外的刺激をブロックしながらしっかり保湿し、肌本来のバリア機能を高めてくれます。このヴァイタサイクルヴェール®は角層が荒れている事により、外的刺激が内部に侵入し炎症を起こす→その炎症が敏感肌を繰り返すと言う負の連鎖を断ち切り、お肌へ正常なターンオーバーをもたらしてくれます。

2、表皮の微弱炎症をストップ

外的刺激により微弱炎症が発生しエイジング加速の原因となる刺激物質が生まれます。この肌荒れとコラーゲン破壊の原因となる微弱炎症を抗酸化と抗炎症効果を発揮する「コウキエキス」で抑えてくれます。このコウキエキスは肌のゆらぎを徹底的に防ぎ、炎症の原因物質を働かせず、美肌成分の聞きやすい肌へ整えてくれます。

3、真皮のコラーゲンを強化

CVアルギネート

刺激物質によりコラーゲンが切断される真皮はコラーゲンが切断されるとハリや弾力の低下、シワ、糖化による黄ぐすみと言ったエイジング現象が現れます。このエイジングゲイン現象を絶つ為にポーラ研究所が開発したオリジナル成分「CVアルギネート」が効果的です。このCVアルギネートは肌本来が持っているコラーゲンを生み出す力を促し、ハリ・弾力のあふれる若々しい肌へ導いてくれます。

関連記事
敏感肌とは?なぜ肌がゆらぐの?
敏感肌の化粧品選びでおすすめの成分
敏感肌の化粧品選びで避けたい成分
多くの女性が悩む「ゆらぎ肌」と「大人にきび」
妊娠中や産後は敏感肌になりやすいって本当?
睡眠と肌サイクルの関係
アヤナス体験日記
PAGE TOP