大人女性の悩み!「ゆらぎ肌」と「大人にきび」
  1. 多くの女性が悩む「ゆらぎ肌」と「大人にきび」

ゆらぎ肌と大人にきびに潜入!

ゆらぎ肌と大人にきびとは?

「普段はそれほど肌トラブルには悩まされないけど、春や季節の変わり目になると肌が荒れやすくなったり、おでこ・顎・頬・フェイスラインに大人にきびができやすい」

こういう症状で悩んでいる女性は実は沢山いるのをご存知でしたか?多くの方が季節の変わり目に肌がゆらいでお肌の調子が悪くなりますが、「一過性の物」と思って放っておく方も多いのが事実です。

大人にきびは繰り返す事で肌への負担になったり、にきび跡がシミになってしまう事もあります。

「肌がゆらがない」「大人にきびを作らない」肌に根本的から改善する事をおすすめします!

徹底調査!ゆらぎ肌を引き起こす肌トラブルの原因とは?

寒暖差ストレス

春は気温の寒暖差が大きい季節で、空気の乾燥も冬と同じレベルと言う事は以外と知られていません。最近では気温の高低差がストレスとなって体調の乱れや肌のリズムが低下する「寒暖差アレルギー」という言葉が出てくるくらい認知し始めました。気温の変化に衣服で調節する事のできないお肌は、普段のお手入れだけでは寒暖差が原因でゆらぎ肌を引き起こすので十分に気を使わなくてはなりません。

紫外線量の増加

長い冬を終え桜のつぼみが膨らみ始めるといよいよ春が来たとわくわくしてきますよね。しかし、春は紫外線量が増え始める季節でもあります。急激に上昇する春の紫外線に肌は対応できず、肌トラブルを抱えやすくなります。サングラスや帽子などを使い紫外線を浴びないようにする事と、紫外線ダメージへのケアも必須になります。

浮遊物の大量発生

春一番に代表される春ならではの強い風に乗せられて空気中には花粉を始め、黄砂やPM2.5など有害物質を含んだチリやホコリが増え始めお肌は刺激を受けやすくなります。しかも、春のゆらぎ肌は寒暖差ストレスや紫外線量の増加で特にストレスを受けやすく慢性的なトラブルを引き起こす可能性もあるので十分にケアしなくてはなりません。

環境変化によるストレス

春は新年度が始まり、嫌でも新しい環境を生活の中に加えなくてはなりません。新年度から仕事の仕様が少し変わったり、上司や部下が変わったり、通勤電車の新入社員達にイライラしたり(笑)いろいろなストレス要因が待ち構えている季節ですね。生活のリズムと心のリズムが乱れるとお肌にも影響が出るので、リラックスできる時はゆったりとした気持ちで過ごすように心がけましょう。

自律神経やホルモンバランスの乱れ

ここまでは気温の変化や環境の変化など外的要因を消化してきましたが、ゆらぎ肌で唯一の内的要因と言われる自律神経が敏感に作用する事で、肌のコントロール機能が乱れやすくなります。そうなるとホルモンバランスが崩れ結果的に肌に悪影響を与えてしまいます。

30代のゆらぎ肌からくる大人にきびに必要な物は!?

大人にきびの原因

ゆらぎ肌は気温の変化や乾燥などでお肌に潤いが足りず、お肌のバリア機能が低下して結果的に大人にきびを引き起こす事になります。肌トラブルを解消する為にはハリや弾力に欠かせないコラーゲンを上手にサポートして、トラブルを寄せ付けない丈夫な肌を根本的に作る必要があります。

お肌のバリア機能は水分保持能力の高い美容成分と言われているセラミド・ヒアルロン酸・スクワラン・プラセンタ・メバロノラクトロン・ヘキサペプチドなどで補い、お肌の状態を回復し、正常に働くようになります。このようにお肌のバリア機能をサポートする事で保湿効果がアップし、外的な刺激から水分をキープしコラーゲンを守ってくれるのです。

また、お肌は紫外線や花粉などの刺激を受けるとセラミドが減少すると言われています。しかも敏感肌の場合はもともとセラミドが少ないと言われているのでセラミドに着目した美容成分を配合した美容液を使って肌のバリア機能のサポートしてくれる物を選ぶのもおすすめです。

PAGE TOP