ちゃんと寝てる?睡眠と肌サイクルの関係

徹底解剖!睡眠と肌サイクルの関係

敏感肌チェックリスト

一見、睡眠と美肌は関係ないように思われますが、実は睡眠と美肌は切っても切れないとても重要な関係なんです。

睡眠不足が続くと肌が荒れたり吹き出物が出たり、肌がガサガサになったりとそういう経験を持っている方は多いはずです。

これは肌のターンオーバーがうまくできていない状態が続いている事で起きている肌トラブルです。睡眠と肌サイクルの関係について徹底解剖します!

本題に入る前に・・・ターンオーバーとは??

敏感肌チェックリスト

肌の新陳代謝や肌の生まれ変わりの事をターンオーバーと言います。

皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」からできており、さらには表皮は一番内側から「基底層(きていそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「角質層(かくしつそう)」と4層構造になっています。基底層で産まれた細胞は形を変えながら表面に押し上げられていき、無核となり死んだ状態で角化細胞となりますが、この細胞は新しい細胞に押し上げられるようにして表面まで上がり、最後は垢となって自然に剥がれ落ちる構造となっています。

このサイクルがターンオーバーです。

ターンオーバーの乱れを防ぐにどうしたら良いの?

ターンオーバーの正常な周期は28日前後ですが、サイクルに異常が生じて周期が延びてしまうと古い皮膚が長期に渡って残ってしまうようになり、新しい肌細胞に生まれ変わる事ができなくなり、結果的に角質層のバリア機能が低下し敏感肌につながる原因になります。この肌のターンオーバーを正常化する為に必要なのは「睡眠」です。

ターンオーバーは脳の活動が休止する睡眠中に活発に行われているからです。つまり、十分な睡眠をとらなければ、肌の再生が滞り、肌老化が進んでしまうということ。質の高い睡眠は、高級な美容液にも匹敵する美肌効果があるのです。

成長ホルモンの分泌でさらに美肌に繋げる

敏感肌チェックリスト

成長ホルモンはその名の通り、人間の成長に欠かせないホルモンの一つで、主に成長促進と代謝調節をつかさどっています。たんぱく質の合成を促す作用もあり、肌の生成にこの成長ホルモンは深く関わっています。睡眠不足が肌荒れにつながるのはターンオーバーがうまくいかない事と成長ホルモンの分泌が低下するからなのです。

この成長ホルモンがもっとも多く分泌されるのは「シンデレラタイム」と言われる22時から深夜2時の間で、一番深い眠りと言われる最初の3時間の間で多く分泌されます。より成長ホルモンの分泌を促す為には毎日決まった時間に就寝し、6〜7時間は睡眠をとるようにしましょう。

質の高い睡眠のコツ

・寝る前にパソコンやテレビ・スマホを見て脳を刺激しない

・寝る前にカフェインを取らない

・寝る時は部屋の照明を決して光の刺激をなくす

・入浴の20分から30分のうちに寝る

・寝る1時間以上前から部屋を暗くしておく

・自分に摂って快適な寝具を選ぶ

PAGE TOP