敏感肌の正しいスキンケア方法
  1. 実は間違いだらけ?敏感肌のための正しいスキンケア方法(お手入れ)

間違いだらけって本当!?敏感肌の正しいスキンケア方法とは?

敏感肌の特徴とは?

お肌のお手入れやスキンケアの方法って実は知ってるようで知らないってことないですか?若い頃、友人の家に泊まりにいった時にそれぞれのスキンケアの方法が微妙に違ってちょっと驚いたなんて経験がある方も多いと思います。

正しいスキンケア方法なんてどれが正解か分からないまま私はここまで歳を重ねてしまいました。

何となく分かっているのは「メイクを落として洗顔をして化粧水をつけてクリームをつけておしまい」というルーティーンでずっとやっていましたが、敏感肌になってからはこのルーティーンではどうしようもなくなってしまいました。

敏感肌やゆらぎ肌の方は正しいスキンケア方法を知って敏感肌から卒業しましょう!

完全保存版!敏感肌さんとゆらぎ肌さんのスキンケア方法

敏感肌の特徴とは?

手を使ってスキンケアを行いましょう

「化粧水はコットンに付けてお肌にパッティングする」と言う方も多いですが、敏感肌にはコットンは禁物。

コットンの繊維は肌に刺激になりやすく、パッティングするたびにお肌を傷つける事があるので、化粧水や美容液、クリームなどは必ず手で顔全体になじませましょう。

また、手を使う事でちょっとした肌の変化も手触りで感じ取る事ができるので、ゆらぎ肌の方はその時の肌の状態でスキンケアを選ぶ事ができますよね。

さらに、手を使う事は体温で化粧水を少し暖める事ができるので、お肌への浸透能力を上げ化粧品が持っている本来の力を十分に発揮できる環境を整えてあげる事ができます。

※過度なパッティングはお肌を傷つける原因※

化粧水をつける時に、100回ほど手でパッティングすると言う話を聞いた事がありますが、敏感肌の方は毛細血管が損傷し「赤ら顔」の原因になるので、やめましょう!

1、1回あたりの適量を手の平全体に広げる

2、手の平全部で顔を覆うようにして、頬、額、あご、鼻や目の周りなどまんべんなく肌になじませる

3、化粧水がすうっと肌に馴染むのを感じたら、もう一度手の平に化粧水を追加する

4、目もと、小鼻、眉間、鼻の下など細かい部分を重点的に、指の腹の部分も使って押さえていく

5、顔全体を鏡でチェックし、表面に水気が残っている感じがないかを確認する

6、最後に手の平や甲で触れてみて肌にピタッと吸い付くような感触になればOK

30代以上の敏感肌が注意すべきクレンジング方法

敏感肌さんのクレンジング方法

みなさんどんなクレンジングを使っていますか?私は以前まではオイルタイプのクレンジングをずっと使っていました。

というのも乾燥しがちな肌にはオイルタイプが良いんじゃないかと勝手に思い込んでいたんです・・・。実はこれは大きな誤りで、状態はいっこうに良くならず敏感肌のままでした。

こちらのページでは敏感肌の方におすすめなクレンジングの種類や方法を紹介します!

30代以上の敏感肌が注意すべきクレンジング方法

敏感肌さんのおすすめベースメイク方法

敏感肌さんにおすすめのベースメイク方法

皆さんベースメイクってキチンとやっていますか?私は赤ら顔や吹き出物やシミを消す為に、リキッドファンデーションにフェイスパウダーなどいろいろ塗りたくっていました。

毎日のベースメイクは、間違っていると敏感肌の原因になってしまうこともあるんです。こちらのページでおすすめのベースメイク方法をご紹介します。

敏感肌さんのおすすめベースメイク方法

自家製フェイスパックのレシピ

自家製フェイスパックって作れるの?

フェイスパックはどれぐらいの頻度で使用していますか?私はずぼらなので、以前までは年に2回程度しかやりませんでした(笑)

敏感肌でもフェイスパックをうまく取り入れることで、肌の調子を整えることができますよ。こちらのページでご紹介します。

自家製フェイスパックのレシピ

PAGE TOP