乾燥性敏感肌の正しいメイク方法について
  1. 乾燥性敏感肌の方へ~正しいメイク方法をお教えいたします~

乾燥性敏感肌の方用!メイクの正しい方法

化粧下地は丁寧に刺激を与えないように…

乾燥性敏感肌の方用!メイクの正しい方法

メイクには紫外線から肌を守るなど、肌を保護する役目があります。特に化粧下地は顔を明るくしたり、毛穴の凹凸のカバー、赤みやくすみを補正するなどの効果が見込めますし、ファンデーションを肌に密着させやすくする重要な存在です。

ですが、やり方を間違えると肌に負担をかけてしまうこともあるため、化粧下地をつけるときには肌へのダメージを避けるため刺激をできるだけ少なくすることを意識しましょう。まず大切なのが塗る量です。「パール1粒くらい」と表現されるように、そこまで大量に塗る必要はありません。むしろ塗り過ぎは化粧崩れの原因になりますから、指の腹で薄く延ばすように塗っていきます。あまり強く叩いたりせず、薄く均一に延ばすことが大切です。

ファンデーションはリキッドやクリームタイプがおすすめ!

ファンデーションはリキッドやクリームタイプがおすすめ!

敏感肌の方にはファンデーション選びをするときに注意して欲しいことがあります。それができるだけ落としやすいファンデーションを選ぶということ。簡単に落ちてしまったら意味がないのは当然ですが、あまりに落としにくくても肌への負担になってしまいます。なぜなら、ファンデーションを落とすためにはクレンジングを使用しますが、クレンジングの使用は肌荒れの要因になることもあるためです。敏感肌用のファンデーションなら、ほかのものよりも落としやすくなっています。

どのファンデーションが一番合っているか、は人によって違いますが、乾燥性敏感肌の方にはリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションをおすすめします。一般的にはファンデーションはリキッドタイプやクリームタイプより、パウダータイプの方が肌への負担が少ないといわれています。しかし、乾燥がひどい肌だとうまく保湿ができずにパサパサになってしまうことも。一方でリキッドタイプやクリームタイプは保湿成分や油分が多めなので乾燥しにくくすることができるんです。

乾燥肌の人のアイシャドウやチークの付け方は?

乾燥肌の人のアイシャドウやチークの付け方は?

メイクは化粧下地やファンデーションだけで終わりではありません。特に乾燥肌は皮膚が薄くなっていたりしますし、当然のことながら乾燥しやすいですから、ファンデーションと同じく保湿性を重視して選ぶようにします。これまでプレストタイプを使っていた方でも、はじめから直接頬につけるのではなく、手の甲などにつけてからにするとうまくつけやすいです。

アイシャドウに関してはまぶたの保湿がしっかり行われていればどのタイプを選んでも基本的には問題ありませんが、乾燥肌の場合はパール感が強いものよりもマットタイプのものの方がシワが目立ちにくくなります。また、色についても赤みが強いタイプのものを選ぶと黄色いものより血色がよく見えやすいといった効果があります。

関連記事
  • 30代以上の敏感肌が注意すべきクレンジング方法
  • 敏感肌さんのおすすめベースメイク方法
  • 自家製フェイスパックのレシピ
  • 敏感肌の人はイオン導入をしてもいい?
  • 肌に負担が少ないお顔剃りで敏感肌の産毛処理
  • 混合肌は肌質に合わせてケア方法を使い分けよう!
  • アイプチが出来ない敏感肌さんが二重になれる方法
  • 腸内環境を整えて敏感肌を改善
  • 乾燥性敏感肌の方へ~正しいメイク方法をお教えいたします~
  • オイリー肌の方必見!正しいメイク方法を伝授!
  • PAGE TOP
    ファンデーションはリキッドやクリームタイプがおすすめ!