肌に負担が少ないお顔剃りで敏感肌の産毛処理

敏感肌でも上手に産毛処理をする方法!

敏感肌に限らずですが、できるだけ肌に刺激や負担を与えることはしたくありませんよね。でも産毛は定期的に処理していかないとお化粧のノリも悪くなるし、眉や口まわりなどは人目にもつきやすいので気になるところです。永久脱毛するのも手ではあるけれど時間とお金がそこまでかけられないという人も多いはず。そうなるとやっぱり自分で処理するのが一番手軽な手段です。

しかし敏感肌の人にとって肌荒れを起こしやすい産毛処理は慎重にやらないといけません。産毛処理は多くとも一ヶ月に一回、もしくは数ヶ月に一回など長めに間隔を空けておいた方がいいですし、きちんとケアまで行わないと敏感肌を悪化させてしまう可能性があります。そこで注意点をまとめたので参考にしてみてください!

まず、眉や口まわりなど頻繁にお手入れする必要があって細かい部分には電動カミソリを使うことがおすすめです。電動カミソリは肌への接触が抑えられるので敏感肌の人なら一本持っておくと安心ですね。顔全体の産毛処理は顔用の小さなシェーバーを使いましょう。

ただし刃が古くなっているシェーバーを使うと切れ味が鈍くなっていることによる肌への負担が心配です。敏感肌の場合は特に剃りすぎは厳禁。刃が肌に当たる回数が増えるほど刺激が多くなるということですし、かといって力を入れて一度で全部剃ろうとするのではなく、肌の上を滑らせるように軽いタッチで手入れすることが肝心です。

剃る時は事前に乳液をたっぷりと顔に塗り、逆剃りはできる限りしないで上から下に剃ることを心がけましょう。新しい刃を使い、乳液を利用するなどして、刃の滑りが良い状態にしておくことで肌への負担軽減につながります。ただ、石鹸や洗顔料は肌への負担になるので乳液の代わりに使うことはできません。だからといって何も付けずに剃ると産毛だけを剃るつもりが角質まで剥がしてしまい肌荒れの原因になるので、必ず乳液を使用するようにしてくださいね。

産毛処理の後はアフターケアを忘れずに!

産毛処理をした後は必ず普段より念入りに保湿ケアを行うようにしてください。どんなに優しく剃ったとしても顔の角質はある程度は剥がれてしまいます。敏感肌は顔の角質層に水分が十分に保持できておらず、バリア機能がきちんと働いていない状態。なのに角質そのものがなくなればさらなる、乾燥を引き起こして敏感肌を悪化させる要因になりかねません。

私の場合は保湿力に優れるスキンケアアイテムを選んで毎回欠かさずアフターケアを行っています。使っているのは今でも毎日お世話になっている「アヤナス」。浸透力の高いヒト型セラミド、ヒアルロン酸など20種類の保湿成分を配合しているので保湿力はバッチリです。それだけではなく、私がアヤナスをおすすめするのは肌への刺激が少ないこと。産毛処理をした直後だと化粧水をつけた時、どうしてもちょっと刺激を感じることもあるかと思うのですが、アヤナスは全くピリピリしないので使いやすいです。

アフターケアまできちんとこなしていると産毛処理の翌日の肌具合が大きく変わるので、自分の肌に合った保湿アイテムを使って潤い維持を心がけましょう!

関連記事
  • 30代以上の敏感肌が注意すべきクレンジング方法
  • 敏感肌さんのおすすめベースメイク方法
  • 自家製フェイスパックのレシピ
  • 敏感肌の人はイオン導入をしてもいい?
  • 肌に負担が少ないお顔剃りで敏感肌の産毛処理
  • 混合肌は肌質に合わせてケア方法を使い分けよう!
  • アイプチが出来ない敏感肌さんが二重になれる方法
  • 腸内環境を整えて敏感肌を改善
  • 乾燥性敏感肌の方へ~正しいメイク方法をお教えいたします~
  • オイリー肌の方必見!正しいメイク方法を伝授!
  • PAGE TOP