敏感肌さんにお勧め出来るベースメイク方法

敏感肌におすすめなベースメイク方法って?

敏感肌チェックリスト

皆さんベースメイクってキチンとやっていますか?私は赤ら顔や吹き出物やシミを消す為に、リキッドファンデーションにフェイスパウダーなどいろいろ塗りたくっていました。

毎日のメイクにはすごく時間がかかっていましたが、ここ数年は子育てや家事に忙しく朝もばたばたしてしまっていたので、直接パウダーファンデーションを肌に叩き込むような日も・・・。

見た目年齢は肌の印象が左右するので、老けてみられることもしばしばありました。

毎日のベースメイクは、間違っていると敏感肌の原因になり、素肌にも悪い影響を与えてしまうんです。これって負のスパイラルですよね。

敏感肌さんが選ぶべきベースメイクアイテム

敏感肌の方が選ぶべきベースメイクアイテムはこすりつけたり叩き込むなどしない、極力刺激を与えない物を選ばなくてはなりません。

化粧下地を選ぶ時もUVカット成分配合で成分も無添加で肌の色を整える色味の物を選ぶようにしましょう。

敏感肌には紫外線対策が必須

敏感肌の方は摩擦などの刺激や添加物などさまざまな事に注意をしなければなりませんが、紫外線により肌のバリア機能が破壊され、更に肌に負担がかかる場合もあるので紫外線にも気をつけなければなりません。保湿ももちろんとても大切なのですが、紫外線対策の点で化粧下地にはUVカット効果があるものを使用しましょう。

ただ、「日焼け止めやUVカット効果があるものは肌に刺激が強そう・・・。」と思いますよね。UVカット効果が高く、紫外線吸収剤が配合されているものは、肌の刺激になることがありますのでかならず成分を確認しましょう。

保湿成分配合の化粧下地

敏感肌の方で乾燥によって角質層のバリア機能が低下し、敏感肌になっている場合は保湿成分が配合されているものを選びましょう。具体的に保湿成分は、セラミド、コラーゲン、グリセリン、スクワラン、レシチンなどがおすすめです。保湿効果、保護効果が高いものは乾燥を防ぐことができます。

お肌の色に合った下地の色を選びましょう

保湿成分が配合されているかを確認した後、次は色を選びましょう。「コントロールカラー」というのはご存じでしょうか? コントロールカラーとは、肌色をコントロールし欠点をカバーするためのものです。敏感肌の方は頬に赤みが出やすかったり、くすみがちになるので、コントロールカラーで肌色を整えると良いでしょう。赤みが気になる方はブルーやグリーンのコントロールカラーを使いましょう。くすみが気になる方はパープルが透明感も出てお勧めです。

クリームファンデーション、BBクリーム、CCクリームが敏感肌に最適!

間違ったスキンケアで敏感肌

敏感肌の方は乾燥がひどく、肌の状態も不安定なので油分が多くカバー力の高いクリームファンデーションがおすすめです。

加えて、BBクリームやCCクリームなどの1本で仕上げられるタイプだと、肌に重ねるのもワンステップで済むのでより刺激が少なくなるため敏感肌にはぴったりです。

ファンデーションを塗るのもブラシを使うのは刺激になるのでNG。手のひらで顔全体に優しくのばし、ムラが気になるところは軽くスポンジで抑えましょう。その後、手のひらで顔全体に顔になじませるように優しく押し込むとキレイに仕上げられます。

関連記事
  • 30代以上の敏感肌が注意すべきクレンジング方法
  • 敏感肌さんのおすすめベースメイク方法
  • 自家製フェイスパックのレシピ
  • 敏感肌の人はイオン導入をしてもいい?
  • 肌に負担が少ないお顔剃りで敏感肌の産毛処理
  • 混合肌は肌質に合わせてケア方法を使い分けよう!
  • アイプチが出来ない敏感肌さんが二重になれる方法
  • 腸内環境を整えて敏感肌を改善
  • 乾燥性敏感肌の方へ~正しいメイク方法をお教えいたします~
  • オイリー肌の方必見!正しいメイク方法を伝授!
  • PAGE TOP