オイリー肌の正しいメイク方法について

オイリー肌の方用!メイクの正しい方法

化粧水をたっぷりと付けた後に下地を

化粧水をたっぷりと付けた後に下地を

オイリー肌だと化粧崩れの悩みが尽きません。いくら入念にお化粧をしてもすぐに崩れてしまって、1日に何度も何度も直さなければいけなくなります。これだけでも相当なストレスになりますし、なんとかして肌質を変えたいと思っている方も多いはずです。しかし肌質を変えるとなれば時間がかかりますから、まずはすぐに効果を出したいですよね。

そんな方におすすめなのが、化粧下地のつけ方を変えることです。化粧下地をつける前に化粧水をたっぷりつけて肌を冷やしておくと、毛穴が引き締められます。こうすることでメイクもうまく乗るようになり、化粧崩れしにくくなるんです。ただし、化粧下地を塗るときは化粧水がよく乾いてからにしましょう。化粧下地を塗り終わった後はティッシュオフで余分な脂を取るようにするとさらに効果的です。

パウダーファンデーションで化粧崩れを撃退!

パウダーファンデーションで化粧崩れを撃退!

ファンデーション選びでオイリー肌におすすめなのはパウダータイプのファンデーションです。オイリー肌は角栓やニキビができやすかったり、毛穴が開きやすいなどの特徴があります。簡単にいうと皮脂分泌が過剰な状態なんです。皮脂そのものは肌に欠かせない存在で、バリアとして肌を守ってくれるものなのですが、過剰な状態だと上に書いたようなオイリー肌特有の症状が出てきてしまいます。

そんな肌に油脂成分がたっぷり含まれたファンデーションを塗れば、皮脂と混ざり合って化粧崩れが起こる原因になるのです。そのため、ファンデーションは油分が少ないパウダータイプを使うようにすると顔のテカリや化粧崩れをしにくくすることができます。化粧乗りはどうしてもリキッドタイプやクリームタイプの方が良いですが、化粧下地をしっかり塗ってあれば問題ありません。

メイク直しの鉄則をご紹介します

メイク直しの鉄則をご紹介します

しかし、どんなに化粧下地やファンデーションで工夫をしても夏など季節によっては化粧崩れは起こるもの。だからこそ大切になるのがメイク直しです。特に、今あぶらとり紙をよく使う、という方は要注意です。あぶらとり紙は皮脂を取り過ぎることがあり、皮脂の過剰分泌を招くことがあるためです。

メイク直しをするときにはティッシュを1枚、顔全体を覆うように載せ、ティッシュの上から指で顔を撫でるように押さえていきます。ティッシュを動かしてこするようなことはせず、ティッシュに油を吸わせるイメージで行います。油が吸い取れたらティッシュを取り、パウダーファンデーションをブラシを使ってメイクの崩れている箇所に使います。それでも直せなければ、ミストタイプの化粧水をかけてティッシュで上から優しく押さえるようにすれば大丈夫です。

関連記事
  • 30代以上の敏感肌が注意すべきクレンジング方法
  • 敏感肌さんのおすすめベースメイク方法
  • 自家製フェイスパックのレシピ
  • 敏感肌の人はイオン導入をしてもいい?
  • 肌に負担が少ないお顔剃りで敏感肌の産毛処理
  • 混合肌は肌質に合わせてケア方法を使い分けよう!
  • アイプチが出来ない敏感肌さんが二重になれる方法
  • 腸内環境を整えて敏感肌を改善
  • 乾燥性敏感肌の方へ~正しいメイク方法をお教えいたします~
  • オイリー肌の方必見!正しいメイク方法を伝授!
  • PAGE TOP